• 洗顔石鹸の成分を調べてから使用することを説いていくサイト
  • 料金などの要素だけで洗顔石鹸を選んではいけないというお話をしていくサイトにしていきたいと思います。
  • 洗顔石鹸

    トップページ
    お気に入りに追加
      

    洗顔石鹸に含まれていることがある肌バリアを破壊する成分に注意

    洗顔石鹸に含まれていることがある肌バリアを破壊する成分に注意

    美肌を目指すなら、まずは洗顔から見直しましょう。キレイな肌・若い肌を維持する為には、肌に汚れやメイクを残さないということが重要です。毎日しっかり洗顔しているのにキレイな肌になれないという悩みをもつ女性は多いと思うのですが、毛穴に詰まったメイク汚れなどもしっかり洗っていますか?毛穴の中は見えないので、しっかり洗浄で気ていない可能性が高いのですが、皮脂汚れやメイク汚れは毛穴の中にどんどん蓄積されてしまい、くすみの元となってしまいますから、しっかり洗い流す事が大切です。

    美容関連の商品もいろんなものが増えていますが、健康志向の方が増え、無添加・オーガニック・自然派という洗顔石鹸も注目度が高くなっています。石油系の化学物質を使っている洗顔石鹸などは、肌にいい影響を与えませんので、こういうものは使われていないものから選ぶ事が重要ですね。

    ■人体に悪影響となる成分はしっかり排除
    天然成分で作られていると謳っているものなども、天然成分は使っているけど石油系の化学合成物質も沢山使われているというようなものもありますから、人体に悪影響となる成分はしっかり排除されている「洗顔石鹸」を使うようにしたいところです。

    合成油性成分は肌に刺激が強く、シミやシワの原因になりますし、合成界面活性剤は肌のバリア機能を破壊しますから、成分チェックはとても大切だと思います。

    ◆固形石鹸はつっぱるけど肌に優しい
    洗顔石鹸といえば固形の石鹸を思い浮かべる方も多いはずなんですが、洗顔には固形石鹸は適していないと考えている方も少なくはないと思います。固形の石鹸は肌の潤いを奪ってしまうというような解釈をしている方も多いはずなんですが、保湿成分が含まれているものなら洗いあがりはしっとりしますので、乾燥肌の方にも使っていただく事ができます。

    ■合成界面活性剤に注目
    皮脂や汗などは弱酸性なので、弱酸性の石鹸で中和して洗い流すのが一番だと考えられていますが、弱酸性だと洗浄力がイマイチなので、合成界面活性剤などが含まれるようになるわけです。この合成界面活性剤に注目してみたいと思うのですが、固形の石鹸にはこの成分が含まれていません。

    そのため、肌には刺激が少ないと考える事ができるわけですが、界面活性剤は肌に残りやすくすすぎに時間がかかってしまうという難点が挙げられます。洗顔フォームで洗顔するとしっとりするのは、保湿成分の効果もあるとは思いますが、合成界面活性剤が肌に浸透しているという事も考えられますので、肌がいい状態に保たれているとは言えないのです。

    最近はこういう成分に気を使っている方も増えていますが、有害な成分は使っていない洗顔石鹸の方が安全ですので、これまで何も気にしていなかった方も、これからの美肌を手に入れたいと考えるならよく考えてみるといいでしょう。